第45回 西日本実業団相撲選手権大会

大会開催結果(動画編)

団体一部決勝戦

和歌山県庁[和歌山県] 2 - 1 長崎県教員[長崎県]

先鋒戦冨田(元)[和歌山県庁]●(下手投げ) ◯野口[長崎県教員]

立ち合いと同時に懐に飛び込み、右を差して、頭をつける野口に対して、富田(元)は左上手を肩越しにとって、強引に寄り切ろうとする。野口が土俵際下手投げを打ち、体が入れ替わり、富田は土俵に体を落とした。

中堅戦冨田(有)[和歌山県庁]○(寄り切り) ● 松永[長崎県教員]

実力者同士の対戦。立ち合いと同時に、左上手をがっちりとった富田(有)はそのまま上手から責め立て、体をひねって上手を切ろうとする松永をそのまま寄り切った。富田(有)会心の一番である。

大将戦森本[和歌山県庁]◯(寄り倒し)●高橋[長崎県教員]

高橋は立合いから、もろ差しを狙って攻めるが、森本は左から投げを打ちながらしのぎ、巻き返し右四になる。
それでも攻める続ける高橋に、土俵際渾身の上手投げを打つ森本、最後は体が入れ替わり森本の逆転勝利となり、和歌山県庁が優勝を決めた瞬間である。

団体二部決勝戦

(公財)鳥取県体育協会[鳥取県] 2 - 1 医療法人ひらまつ病院[佐賀県]

先鋒戦福田[鳥取県体育協会]◯(突き倒し)●川口(弾)[医療法人ひらまつ病院]

川口は西日本学生選手権を九州情報大学に在学中に優勝した実力者であったが、体力差で勝る福田が一気に川口を突出しに降した。

中堅戦西郷[鳥取県体育協会]○(上手出し投げ)●水鳥川[医療法人ひらまつ病院]

昨年個人優勝の西郷(181cm、178kg)はその体格を活かし、頭をつけ潜ろうとする水島川を肩越しから上手をとり、そのまま出し投げで圧倒した。

大将戦伊藤[鳥取県体育協会]●(肩すかし)◯川口(達)[医療法人ひらまつ病院]

優勝が決まった後の勝負で、完全優勝をめざし、伊藤が立ち合い右を固めて頭を下げ鋭くあたり、前に出ようとする。一方川口(達)は右に変化しながら、伊藤の首を押さえ、引き落とした。

個人戦決勝戦

森本[和歌山県庁]  -  黒川[アイシン軽金属(株)]

森本[和歌山県庁]●(寄り切り)◯黒川[アイシン軽金属(株)]

森本が立ち合い鋭く突き放すが、体格で優位な黒川は下がらず右四に組み止め、下手からひじを張り、そのまま森本を寄り切りに降した。

  • 第45回西日本実業団相撲選手権大会
  • 予選取組表
  • 大会総括
  • 写真レポート
  • 大会開催結果(データ編)
  • 大会開催結果(動画編)
  • 第45回大会トップ
このページのトップへ戻る

お問い合わせ